Modeliste Coat

パタンナーが作業中に着る白衣をイメージしたコート。
“Modeliste”とは、フランス語でパタンナーの意味。
海外の有名メゾンではワークウェアとして着用しています。
なぜ白衣を着るのかというのは様々な意味がありますが、製作している作品を傷付けたり汚したりしないように、作品をよく見えるように、などがあります。
MIHEYでは、必ずといって良い程使っている”Black”で製作しました。

 

アウトポケットは作業中使いやすいようにパッチポケット(貼りポケット)にし、左右に内ポケットも付けました。
ブランドの顔となるネームタグは、テーラーでよく付けられる位置と同じ、左内ポケットに付けています。
他人から見えない位置にさりげなくネームがある、古くからの仕様です。

縫代は高級仕立てのパイピング仕様にしています。
縫代1か所1か所、丁寧に始末しました。

 

 

後ろにはベルトの装飾を付けました。
長めに垂れたベルトと後中心のベンツで、歩く度に揺れて動きのある後姿です。

オーバーサイズで、メンズの方にも着て頂けるサイズ感にしています。

 

 

生地は、シルクのような見た目と肌触りが特徴のヴィスコースと、ナチュラルさのあるリネンの交織素材を使用。
生地染色後にタンブラー加工を施し、膨らみのある風合いと自然な皺感でヴィンテージの雰囲気があります。
同素材で ButtonPants・ButtonSkirt を製作しました。セットアップとしても着用して頂けます。

 

 

Modeliste Coat (online shop)