Nagi

ワークウェアの代名詞でもあるツナギ。
野暮ったくなりがちなツナギを、 女性でもカッコよく着れるような デザインにしました。

 

 

 

フロントは斜めに釦あきになったデザイン。
左胸にはフラップ付きのポケット。
衿はスタンドカラーです。

 

 

 

袖のパーツにはジグザグにステッチを入れたデザイン。
ダボダボすぎず少しだけオーバーサイズで、肩が隠れるくらいのノースリーブ。
腕が見えるので、すっきりと着られると思います。

 

 

 

ヒップにはデニムパンツのようなヨーク切替とパッチポケットを付けました。

 

 

 

ウエストの両サイドにはバックル付きのアジャスターを付け、サイズを調整できるようにしています。
メンズライクに着たいときは緩めに。
少し絞ってウエスト位置を上めにもってくると、スタイル良く見えるのでお勧めです。

 

パンツ部分の前あきは、ボタンフライという釦で開閉する仕様です。
ヴィンテージのデニムが作られていた時代はファスナーが無く、このような仕様になっています。
今回のコレクションは、ヴィンテージのワークウェアから着想を得ているものが多く、パンツを造る際も、絶対にボタンフライにしよう!と思っていました。
ボタンフライにすることによって、ボタンと釦ホールの間に少し遊びが生まれ、着る人によって合ったシルエットになります。

両サイドには斜めに切り替えられたポケット付き。
右ポケットの中には、いつも付けている小さなコインポケットもあるので、手を入れてみてください。

 

 

 

一部の切替位置は、「折り伏せ縫い」という、デニム等でよく使われる縫い方に。
縫代端が隠れ、裏側から見ても綺麗です。
「本縫い折り伏せ」という100年以上前のジーンズ初期に用いられた縫製方法で縫っています。
本来、専用の機械で1回の工程で縫うのですが、「本縫い折り伏せ」だと 縫う→アイロン→縫う という、3つの工程を要します。
工程が増えて微妙な調整が出来る分、柔らかい風合いに仕上がっています。

丈は少し長めに造っているので、試着の際にお客様に合った丈感に調整させて頂きます。

 

ツナギを着ると子供っぽく、野暮ったくなるので苦手だったのですが、
私でも着たい!と思えるデザインを思いついたので、造ろう!となりました。
とても良い塩梅で出来たと思います。
今まで苦手意識があった方にも、是非挑戦して頂きたい1枚です。

 

 

 

生地は追撚したキュプラの光沢感と、リネンのナチュラルさがバランス良く織り上げられています。
因みに、追撚とは通常よりもねじれを多くした糸を使うことで、生地自体が強くなるのと、締まってしぼしぼとした表面感があります。
また、シャリ感も出て肌離れも良く吸水性にも優れている生地になります。

 

 

 

-Nagi-
¥89,000 (including tax)

Size.
丈:約153cm
バスト:約94cm

Qua.
cupro 46%
linen 40%
cotton 14%

 

 

 

 

 

 

直営店ではご試着が可能です。
ご試着の際に、お客様に合わせて サイズの調整を行っております。
オーダーに近い感覚で購入して頂けるかと思いますので、ぜひ実際に手に取ってご覧ください。

M I H E Y 大阪店
大阪府大阪市福島区福島2丁目7-17 3階 growlevel gallery内

また、不定期で行う個展では、新しいコレクションをご覧頂き、ご購入して頂けます。
どなた様でもご覧頂けますので、お気軽にご来場ください。
日程等はinstagramにて告知致します。

 

instagram @mihey__official
mail info@mi-hey.com